「行儀通し」という名前なんですが、ちょっと捻った柄なんです。 江戸小紋の中でもメジャーな柄に、「行儀」と「角通し」があります。行儀は、細かな点が斜めに規則正しく並ぶ柄です。角通しは縦横に真っ直ぐ並びます。この着物は、その二つの柄が市松の中に順番に配されているのです。細かな行儀や角通しは、色無地に近い感覚で、フォーマルな印象を与えますが、この柄は市松に見える分、洒落っ気がプラスされた感じ見えて、とても気に入っています。